相談窓口と費用

メール相談

主な業務、その他どのようなことでも、街の法律家である行政書士にご相談下さい。
行政書士綿貫由昭事務所では、案件毎に現実的な解決方法をご提案致します。

メール相談→watanukioffice@nifty.com

注)ご相談への回答はメールで行いますので、ご依頼人様の住所、氏名、電話番号、メールアドレスを明記してください。なお、お名前等のないご相談、仮名でのご相談には回答致しませんのでご注意願います。

また、メール相談の場合であっても、案件についての詳細な内容確認等を行わないと、回答ができないようなケースは追加費用が発生する場合があります。その場合は、必ず事前にその旨についてご連絡致しますので、納得された場合のみご依頼下さい。

費用(行政書士報酬)について

メール相談後の同一案件についてのご相談は、無料にてお受け致します。

下記の費用は目安となります。案件の難易度に応じて増減することがありますが、事前にお見積り(無料)致しますのでお問い合わせ下さい。

案件名 費用(消費税抜き)
メール相談 5,000円/時間
内容証明郵便の作成
期間内のクーリングオフ代行 15,000円から
書類不備によるクーリングオフ
特定継続的役務提供の中途解約
30,000円から
遺言
遺言書の作成起案 50,000円から
相続の手続き 
相続人の調査 50,000円から
相続財産の調査 50,000円から
遺産分割協議書の作成 50,000円から
会社の設立
株式会社 150,000円から
特例有限会社から株式会社への組織変更 100,000円から

会社の設立には、上記の費用のほかに、次の収入印紙代や公証人の手数料等が発生します。

内容 費用
定款に貼付する印紙 40,000円
定款認証手数料 50,000円
登録免許税 最低150,000円
(資本金の1千分の7)
その他の費用 50,000円程度

○郵便料金等の実費については、別途ご請求申し上げます。
○登記が必要な案件は、当事務所と提携している司法書士と連携して作業を致しますが、その場合には別途司法書士の報酬と登録免許税等が発生します。

お支払は、原則としてメール相談、書類作成のご依頼時に銀行振り込みとさせていただきます。ご入金の確認後に作業に着手致します。お振込先等については、ご依頼時にご連絡致します。なお、振込手数料についてはご依頼人さまにてご負担願います。

※メール相談から書類作成等を依頼された場合は、書類作成料金から相談料を控除致します。

[ホーム] [内容証明郵便] [内容証明郵便とは] [遺言、相続の手続き] [会社の設立]
[相談窓口と費用] [事務所の概要] [特商法に基づく表示と免責事項] [リンク集]